若年性白内障の手術

本日、退院の運びとなりました~ヽ(^◇^*)/ ワーイ

☆☆1日目☆☆

河口湖から一緒に来た母にチャーリーの面倒を見てもらう。

チャーリー、大丈夫かしら?


朝7時過ぎに自宅を出発!

このときにお世話になったのが、ペットタクシーの

ペットハート便」さんです♪

ペットタクシーは初めて利用したので、どんな人が来るのかちょっと

ドキドキ不安でしたが、と~っても親切で親身な方だったので、

すごく安心して病院に向かえました(o^∇^o)ノオススメ♪

なにより、後部座席に小兵衛と一緒に座って行けた事がありがたかったです!


手術はご縁があって、埼玉の小動物医療センターで受けることになりました。

小兵衛の白内障が見つかってから1年半以上経っています。

状態は、「完熟」と言われる手術適応の状態です。

見た目も「目が白いねぇ~」と分かります。

完熟になってから、少し時間が経過しているので、

白く濁った中身が、硬くなっていて手術が困難になる可能性があると説明を受けました。

医療センターの先生はとても親切で、説明も丁寧にしてくれます。

「じゃあ、お預かりしますね~」と言われ、

なぜか、涙が出てしまう・・・。 ちょっと恥ずかしい飼い主。

小兵衛は必死に「置いていかないでっ!!」と訴える。

辛いよ~

お会計をするのに待合室で再び泣く。

トイプーちゃんが心配そうに私の顔を見る目が可愛くてちょっと笑えた。

帰りは電車で、どーっと疲れていたけど眠れず。


家に帰ると、チャーリーが突撃してきて、

足のスネを両手で挟んで甘噛みされる。

母いわく、

「ずーーっと玄関に座って待ってたよ」と。

ご飯をあげても食べず、母が見かねて手で食べさせたら、なんとか食べたらしい。

初めて私も小兵衛もいない状況になったからね~


午後3時過ぎ、無事に手術が終わったと病院から連絡があり、

少しだけ、安心しました。

ただ、一部、やはり硬くて取りきれない部分があるけど、

心配ないです、とのこと。。


小兵衛がいない部屋は、シーンとしていて、太陽が無い感じ。

チャーリーは「あれ?兄ちゃんは?」と探すそぶりをしますが、

夕飯はちゃんと食べるし、散歩も行けました。

私のほうが分離不安症だったんだわ~



☆☆二日目☆☆

お迎えに行く日を聞くために病院へ電話する。

「術後の炎症が出てて、ちょっと退院は出来ません。また明日ご連絡します」と言われる。

ガツンと胸を突かれた感覚になる。

手術を受けた日は、12日の満月の日。

満月に外科手術はしない方がいいって書いてあった。

でも、きっと大丈夫だって思って手術した・・・やっぱり止めて方が良かったのか。。。?

色んな思いがグルグル頭を駆け巡る。

命に関わる手術じゃないのに、心配性な自分。

でも、一番がんばっているのは小兵衛。

一人ぼっちで不安だろうに。。

とりあえず、退院できなくても、明日面会に行って来よう!!

だんなに夏休みを取ってもらい、レンタカーを予約してもらう。


☆☆三日目☆☆

朝、病院から、「炎症が治まって、経過が良好なので、今日お迎えに来ていただいて大丈夫です」と!!

さすが、さすが、小兵衛!!がんばった!!

小兵衛の念力かしら?

ルンルンとレンタカーに乗り込み、いざ病院へ!

約束は5時だったのに、3時くらいには着いてしまう。。

ホームセンターに行ったりして時間を潰し、

早めに病院へ行く。

あまり待たずに、「どうぞ~」と呼ばれ、

二日ぶりに小兵衛にご対面!

あり?小兵衛、ちょっとの間無反応。。。。

すると、「ふふふぅ~ん、きゅきゅ~ん、ぎゅ~」と言葉に出来ないような声をあげる。。

どうやら、不満を言っているらしい。

すごい私、責められてる。。。

「小兵衛くんは、と~ってもおとなしくていい子でしたよ~」と。

そのぶん、すごい不満を私に言葉で伝えようとしている小兵衛。

状態は、麻酔の副作用で、吐き気があること。

食欲がなかったらしい( ̄□ ̄;)!!

何があっても食欲だけは大丈夫だろうと思っていたので、

これにはショックを受けました。

小兵衛は、痩せてました。

たかが、2泊で、ずいぶん小さくなってしまいました。

点眼と投薬の説明を聞き、念を押されるように、

「心を鬼にして、カラーだけは絶対に外さないでください」と。

カラーをしているので、首輪は出来ない。。。ということで、ハーネスを購入。

あと、ストレス解消用に、ジャンボーンを購入。

良くがんばったね。
e0103831_2272826.jpg


カラーはそのうち体の一部のようになるんだって。
e0103831_2281242.jpg


家に帰る途中、トイレをさせると、血便が出る・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

鮮血だったので、あまり心配はしませんが、一応、病院へ電話すると、

「おそらく、ストレス性のものだと思われますので、様子を見てください」と言われる。

私もそう思う。


家に帰って、ご飯をあげても食べず、ささみの湯がいたものをバクバク食べる。。。

ささみは食べるんだ・・・?

そして、小兵衛用に作った洞窟風ベットに自分から入って行く。
e0103831_22125234.jpg


しばらくイビキをかいて熟睡。

疲れているんだね。

よく頑張ったね! とっても勇気がある子!

明日からが勝負。

点眼も投薬もそうだけど、遊びたがる小兵衛を数週間も押さえていられるだろうか?

胃を荒らす薬をずっと投与し続けられるだろうか?

点眼はやるけど、薬はできればあげたくない。。。

とりあえず、来週月曜日の検診までは、出されたものはあげなくちゃ。。



今回、つくづく思ったことは、もう手術はさせたくない。

もう手術や、入院や、投薬の必要がないように、

どうか、健康で幸せな生涯を送れますように!!!
[PR]
by kohei-san | 2011-09-14 22:19 | 日常のこと


食べるの大好き飲むのも大好きな夫婦とボストンテリアの小兵衛とブリュッセルグリフォンのチャーリーの共同生活を不定期に書き残してます


by kohei-san

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

 fabgraphy!
「畑と暮らし」 hana...
ボステリぶんちゃん
ちくわ坊やの日々是坦々
無垢の虹空

リンク

ライフログ


剣客商売


陰翳礼讃


美徳のよろめき


Maria Rita


週末はパエリャ名人


アルケミスト―夢を旅した少年


新版 アーユルヴェーダの世界―統合医療へ向けて


ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション


ピンクパンサー コレクターズ・エディション

以前の記事

2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

カテゴリ

全体
日常のこと
成長記録
ローフードダイエット
アーユルヴェーダ
しつけ
インテリア
食=幸せ
わたしの興味
動物病院
チャーリー
今日の二匹
トップキャラクター
緊急
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧